相続専門税理士の利用で相続税の問題を看破せよ

委託する際の注意

会社の成長や運営にとって税理士の役割は大変重要です。適切な税務関連業やアドバイスをくれる税理士とそうでない場合とでは、会社経営上大きな違いが発生します。 長い目で見て、経営戦力面から優秀な税理士を選ぶことは会社の命運を握ると言っても過言ではありません。 間違った選び方をしないためのポイントはいくつかあります。 例えば、会社側の目線で物事を考えてくれる。節税について的確なアドバイスをくれる。税理士のもっとも重要な業務と言える決算対策を得意としている。さらに質問に対する返答の速さや正確さ、資金調達や経営面のアドバイスの有無など、税理士の良し悪しを判定する項目は、どれも重要です。 契約に際して、業務内容を丁寧に説明してくれることや明確な料金体系になっていることも併せて確認することが大切です。

税理士は国家資格を得た専門家です。専門知識を有するプロである以上、その知識と経験が業務の質と価格に反映されているはずです。 会社経営にとって極めて重要な税理士の存在ですが、どのような人を選ぶかは経営者の判断に委ねられています。 プロとして安心して関連業務を任せることができるようになるには、5年程度の実務経験が必要だと言えます。さらに周りのスタッフも注意してみる必要があります。 契約金額を分かりやすく説明してもらい、納得するまで質問することをお勧めします。委託する側の業務内容についてある程度知識を有していことが望ましいのは当然です。 したがって、契約金額、つまり顧問料だけで判断せず、委託する側の業務についての知識や経験、さらに業態にあった節税方法など、具体的な質問をして、その適正についてよく見極めることが大切です。